門真RC創立50周年記念事業「ソーラーランタンプロジェクト」

2019年4月に50周年を迎える門真RCが記念事業として創業100周年を迎えるパナソニックのソーラーランタン寄贈事業をお互い費用の50%を負担する共同奉仕事業として実施しました。この事業は無電化地域の社会的な課題を解決する目的で太陽光で発電できるソーラーランタンを無償配布する事業です。そのランタン寄贈式が2019年2月8日フィリピンのサンロケダムの事務所で開催されました。門真RCの企業会員である関西電力のフィリピン・サンロケ水力発電所(サンロケダム)と地元ウルダネタイーストRCの協力のもとソーラーランタンを家庭へ配布しました。サンロケダムはマニラから車で4時間です。寄贈式では、創立17周年を迎えるウルダネタイーストRCのセブラーノ会長、パナソニックマニュファクチャリングフィリピン林社長、門真RCの挨拶のあとソーラーランタンプロジェクトの概要を説明しました。式典では住民ひとりひとりにランタンの手渡しを行いました。箱から出したランタンをうれしそうに操作する住民の方々の姿がとても印象的でした。住民代表からフィリピン語でロータリークラブへの感謝の言葉が述べられ、ウルダネタイーストRCから感謝状の授与と参加者全員での記念撮影、フレンドシップランチをいただき3時間の寄贈式は終了いたしました。

あわせて読みたい