“The Ideal of service”-ロータリーの根幹精神-

dgmatsumoto

 

国際ロータリー第2660地区
2016-2017年度ガバナー
松本 進也(まつもと しんや)

【2016-17年度RI会長テーマ】

2016-17年度RI会長テーマは、“Rotary Serving Humanity”-人類に奉仕するロータリー- であります。
これは、「『人類の奉仕』という大きな目標に向け、リーダーシップを持ちうる会員を増やし、ポリオ撲滅をはじめ『世界でよいことをする』ため伝統を継承しよう。」という意味であります。
また、国際協議議会で強調されたことが3点あります。
第一に、2016-17年度はロータリー財団100周年の記念すべき年にあたることでした。
第二に、2018年のポリオ撲滅目標年を控え、ポリオ撲滅についても強い言及がありました。
最後に、会員増強であります。ロータリー精神を有しリーダーシップを兼ね備えた人材を必要とする。とのことでした。

【2016-17年度 第2660地区ガバナー方針】

このRI会長テーマを受け、第2660地区2016-17年度ガバナー方針を

 “The Ideal of service”-ロータリーの根幹精神-と定めました。

当該方針はロータリーの目的(以前は綱領と呼称)の第三項にも記載されています。
1920年、東京に我が国最初のロータリークラブを設立した米山梅吉氏は、‘The Ideal of service”の日本語訳の際、「奉仕の理念」ではなく、敢えて「サービスの理念」とされました。
日本語の「奉仕」は自己犠牲の意味合いがあまりにも強く、”service“の本来の意味と合致しないからです。
日本のロータリークラブの祖である米山氏の意を汲み、当方も原語をガバナー方針に採用した次第です。
この「奉仕」と”service”の違いにつきまして、図にてご説明いたします。

*奉仕 = 一方的行為

矢印は個人から社会への一方向のみで、日本語では自己犠牲の意味合いが大きいです。

*service= 相互的行為

矢印は個人と社会を循環しています。

個人から社会へは「自己の成果を提供・還元」し、結果、社会から個人へ「恩恵」が供給されます。

dgservice1

この図式をロータリー活動の際、常に当てはめて考えて頂きます様、周知をお願い申し上げます。

【2016-17年度 第2660地区具体的目標】

2016-17年度の第2660地区における具体的目標を次の5項目と定めました。

  1. “The Ideal of service”の基本理念の周知と実践
  2. ガバナー月信のペーパーレス化によるITの促進
  3. ロータリー財団100周年、ポリオ撲滅
  4. 戦略計画の推進
  5. IM再編成
1.“The Ideal of service”の基本理念の周知と実践

この基本理念を第2660地区会員全員に周知し、その精神に基づいた地区活動・クラブ活動を推奨いたします。この実践的意味はロータリアンの活動が真に社会に役立つものであり、活動及び成果が継続性を有し、相互的に享受し合えるものである。ということであります。

2.ガバナー月信のペーパーレス化によるITの促進

当方年度より、紙媒体によるガバナー月信を停止し、第2660地区のホームページに掲載します。
この移行には二つの利点があります。一つはIT化の促進、一つは地区活動費の充実です。
2016年7月1日より、ガバナー月信は全て、ガバナー事務所から各クラブ事務局へPDF添付の形にてメール配信とします。またクラブ会員の皆様にMy Rotary登録を依頼して下さい。月信を読まれた後は、My Rotaryにログインして下さい。クラブ会長は、例会時の「会長の時間」の内、1日、ガバナー月信の内容を報告し、My Rotaryのトピックについても紹介して下さい。

3. ロータリー財団100周年、ポリオ撲滅

今年度はロータリー財団創立100周年の記念すべき年であります。この素晴らしき年にあたり、更に大きなserviceの実現として、100周年記念奉仕プロジェクトを進める予定であります。
また、RI会長は様々な奉仕活動の中で、特に重要であるのがポリオ撲滅であると評されています。
クラブでも祝賀行事としての財団活動の推進をお願いいたします。また六重点分野の全てが特別月間のテーマになりましたので例会での卓話は、地区出向者への依頼をお願いします。

4.ロータリー戦略計画の推進

今年度も引続き、戦略計画を強く推し進めます。戦略計画の三本柱は

1)  クラブの活性化とサポート

2) 人道的奉仕の重点化と増加

3) 公共イメージと認知度の向上  であります。

2013年の規定審議会の議決に基づき、RIは戦略計画を推進しています。当地区も更なる推進を目指します。

5.IM再編成

昨年12月5日の地区大会決議第8号にて「IMの在り方を決議する件」が採決され、2018-19年度を目処に、時代にあったI M再編成やガバナー補佐の選出方法を実行することとなりました。
当方年度は準備年度としての役割を果たし、次年度に継承できるように尽力いたします。
9月24日の地区決議会にて両案が決議予定です。
(※両案は9月24日の地区決議会にて賛成多数により承認されました。)

【2016-17年度の年次寄付等年間目標】

当方年度の年次寄付等、年間目標を次のように定めました。

  1. 年次寄付     1名あたり $160
  2. ポリオ撲滅     1名あたり $60 計$220
  3. ベネファクター  各クラブ1名
  4. 米山奨学金    1名あたり 30,000円
  5. 会員増強     1クラブ純増2名

【2016年規定審議会】

2016年4月10日-15日 米国イリノイ州シカゴ にて、2016年規定審議会が開催されました。
当地区からは横山守雄規定審議会代表議員がご出席され、5月21日の規定審議会報告会にてご報告賜りました。
今回の決定事項は各クラブへより多くの裁量権と自治権を与えるドラスティックな内容でした。詳細につきましてはRI本部から後日送られてくる日本語訳を待ち、皆さんと共に考えて参りたいと考えます。3年に1度の規定審議会が本年開催され、ロータリーの本質にも影響を与えかねない決定事項がなされ、当方年度から動き出すことをご承知頂きたく思います。

【我々の最終到達点】

また、今年度RI会長はご講演の中で、我々ロータリアンを「ロータリーチーム」と呼びました。
そこで当方は我々を「チーム2660」と呼ぶことといたしました。
クラブと地区、学友会との交流による「相互的行為」を皆様自身も常に念頭におかれて、第2660地区3650人が「チーム2660」として一丸となり、日本34地区を牽引する地区となることを願います。