Rotary国際ロータリー第2660地区 Rotary International District2660

ロータリー財団委員会

ロータリー財団委員会 〉 平和フェロー

平和フェロー

2024-25年度(25年度派遣) ロータリー平和フェローシップ募集要綱

草の根や国際レベルで、平和活動に貢献する人材を育てるロータリー平和フェローシップ。専門教育を受け、実践的な知識やスキルを身につけたフェローたちは、卒業後に多方面で活躍し、スーダンの難民支援、インドの女性のための雇用機会創出、紛争や災害後の復興支援といったさまざまな活動に携わっています。

毎年、最高130名までのフェローが選ばれ、世界各地の提携大学に設置されたロータリー平和センターの修士号取得または専門能力開発修了証プログラムで学びます。フェローは、紛争を引き起こす根本的な問題を多角的に研究し、現代社会のニーズに応える革新的な解決策を探ります。

奨学金名 ロータリー平和フェロー
ロータリー平和センター
修士号取得プログラム
  • デューク大学およびノースカロライナ大学チャペルヒル校(米国) 
  • クイーンズランド大学(オーストラリア) 
  • 国際基督教大学(日本) 
  • ブラッドフォード大学(英国) 
  • ウプサラ大学(スウェーデン) 
専門能力開発修了証プログラム
  • バーチェシェヒル大学(トルコ)※2025年開校 
  • マケレレ大学(ウガンダ) 
募集人員 若干名
派遣期間
  • 修士号取得プログラム:15~24ヶ月(提携大学による)
  • 専門能力開発修了証プログラム(準修士号):1年間(オンライン学習、大学での授業、オンライン変革イニシアチブ、修了前セミナー)
選考基準と資格
  1. 英語に堪能であること
  2. 学士号を保有していること
  3. 職業、学業、奉仕を通じて、異文化間の理解と平和への強いコミットメントがあること
  4. 優れたリーダーシップスキルを実証していること
  5. 平和あるいは開発の分野において、少なくとも3年のフルタイム職務経験を有すること。(修理号取得プログラム)
    関連分野における5年以上のフルタイム職歴を有していることが望ましい(専門能力開発修了証プログラム)
  6. 平和推進のための自分の計画がどのようにロータリーの使命と合致するかについて説明できること(専門能力開発修了証プログラム)
  7. マケレレ大学の平和センターの候補者は、アフリカ出身、アフリカでの仕事経験がある、アフリカ大陸外でのアフリカ人コミュニティまたはアフリカ関連のイニシアチブに取り組んだ経験があるものでなければならない。
【注意】

ロータリー平和フェローシップを博士号取得のために充てることはできません。

【無資格者】
  • ロータリー会員、クラブ・地区および国際ロータリーの職員、これら該当者の配偶者・直系卑属(子供や孫)、直系卑属の配偶者、尊属(両親または祖父母)。(ロータリー会員とその親族は、会員がクラブを退会してから36ヶ月経過するまでは資格を有しません)
  • 専門能力開発修了証プログラムまたはグローバル補助金奨学金を修了したロータリー平和フェローが修士号取得プログラムを申請する場合、修了証プログラムまたは奨学金の終了から3年が経過している必要があります。
  • 前回の学位取得プログラム(学士課程または大学院)の修了からフェローシップの開始予定日までの間に、最低3年間の期間が空いている必要があります。現在、学士課程または大学院に在籍している人は申請資格がありません。
申請方法

オンライン申請書締切日2024年5月15日

必要書類(履歴書、小論文、語学力証明書、上司や教授の推薦など)を添付して申請します。
なお、履歴書と小論文については地区ロータリー平和フェローシップ小委員会でアドバイスしますので、必ず4月末日までに2660地区ロータリー財団委員会平和フェローシップ小委員会まで連絡お願いします。(2660地区ロータリー平和フェローシップ小委員会 gov@ri2660.gr.jp 件名:平和フェローシップ

資格が条件を満たしたと判断されたら続いて地区推薦の為の研修と面接を実施し、推薦条件が満たされたと判断した場合地区より推薦申請を行います。(地区推薦締切7月1日まで)
10月にロータリー平和センター委員会にて選考、11月に合否結果が通知されます。

リソースと参考資料